現代風の家具調モダン仏壇 仏具の通販

こころの法話集005

お話004 トップ お話006

お話005

もっと大きな世界へ

福井市田原二丁目・法円寺住職 細江乗爾

「とらわれ」の側面

「雑譬喩経」に出ている有名な話に、釈尊が子供を亡くした母親を諭すことが出ています。「子供を生き返らせたかったならば、まだ一度も死者を出したことのない家から火をもらっておいで。そうしたらなくなった子供を生き返らせてあげましょう」と釈尊は言われ、母親は一生懸命その家を探しながらいつか、そんな家があるはずがなく、人は必ず死ぬものであるということに気付き、自分の愚かさに気付いて、迷いから覚めたというよく知られたお話です。

お話005

「無常」が「とらわれ」を離れるために説かれているのです。「とらわれ」の世界は、対立の世界ということが出来ましょう。それに対して、とらわれない世界は、対立を超える世界です。「対立を超える」ということは、いい加減な所で妥協しておくということでは決してなりません。お互いにもっと大きな世界に出ようということなのです。自らの欲望や、願いにこだわっているから、自己の見解に執し、とらわれることになるのでしょう。

お話004 トップ お話006

powered by HAIK 7.0.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional