モダン仏壇 仏具と法要の営み方

法要の営み方

法要の営み方

お仏壇やお仏具は、法要までに整えられるようにおすすめします。

葬犠から忌明け法要まで

葬儀式が終わり遺骨供養も済んで一息つくまもなく、次から次と法事が続きます。

想い4

法事というのは「仏法」の事であって仏教の行事の全てをさしています。
一般的には四九日・百力日・一周忌等個人の追善供養をするための法要を営むことをさします。古くは、死んだ直後の霊魂は不安定で、生者に災難をもたらすかもしれないといった感情から、法事をする事によって魂が鎮まっていくと考えたのです。そこで、次の生に生まれ変われる期間が四十九日間あるとされています。
この間の存在を中陰といいます。この中陰の期間中の一週間目が「初七日(しょなぬか)」で、十四日目が「二七日(ふたなぬか)」、二十一日目が「三七日(みなぬか)」、二十八日目が「四七日(よなぬか)」、三十五日目が「五七日(いつなぬか)」、四十二日目が「六七日(むなぬか)」、四十九日目が「七七日(なななぬか)」と七日ごとに法要を行います。
通常、満中陰法要は「七七日」に行われますが、家庭の都合で「五七日」に行われることもあります。なお、中陰期間中は白木の「中陰段」に遺骨・白木のお位牌・遺影等をお祀りします。

満中陰(五七日)(七七日)

中陰供養の最後の四十九日目が満中陰といわれます。この日をもって「忌明け」になります(忌明けとは忌み篭りしていた遺族が日常生活に戻ると言う意味です)。
満中陰には、四十九日間お祀りしていた「白木のお位牌」をあらかじめご用意していただいた「漆塗りの本位牌」に「お魂入れ(お性根入れ)」「開眼供養」していただき、白木のお位牌は菩提寺にお返ししてお焚き上げをしていただきます。ただし、浄土真宗では「法名軸」を用います。
法要の後は「精進落とし」として参列者と共に会食が営まれます。また、この日に納骨をされることもあります。
法要が終了したあと中陰段をかたずけます。遺影はリボンを取り、お仏壇の近くに飾ります。

百カ日(百日目)

故人の死後百日目の供養を「百力日」といいます。仏教の教えでは、すでに四十九忌日をもって次の生に生まれ変わっていますので行く先の心配はありませんが、より供養のために追善供養を営むもので、法要の規模としては満中陰より小規模のものとなります。

祥月命日

故人の亡くなった月日のことを言います、たとえば四月一日に亡くなった場合は、毎年その日を祥月命日と言います。命日に故人を想い起こす日としてお仏壇をお飾りしてご家族でお参りし、お墓参りをします。

月忌法要

想い5

月ごとに巡ってくる命日のことを月忌と言います。
亡日が一日の場合は毎月の月忌は一日となります。この日には「月参り」として僧侶をお招きし月忌法要を行っているお家もあります。
月参りにはお仏壇を清掃してお花とお供物をお供えし、家族そろって礼拝をします。

年回法要

百力日が終了した後の大きな法要は一周忌(没後一年目)が有ります。二年目には三回忌となります。これは亡くなった日を含め、三回目の忌日と言うことで三回忌といいます。
以後は七回忌(六年目)・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・三十三回忌・五十回忌と続き、次は百回忌となり法要は通常終わりとなります。
それぞれの法要は親族・縁者により故人を偲び厳粛にまた和やかにとりおこなわれます。

法事の営み方

仏教において、法要を営み仏に供養する心のうちには、亡き人が幸せであってほしいという「祈り」があり、子孫を守ってほしいと言う「願い」も込められています。
法事の営み方について紹介しましょう。
法事を営むためにはまず施主を決めます。施主は案内状の発送、僧侶とのうちあわせ、開催の挨拶を行うなど法事の主催者となります。
一般的には葬儀の喪主を努めた人が施主になります。施主になった人は次のような手順を整えることが必要です。
1.菩提寺と相談し日時を選定する。
2.法事の開催場所を決定する。
3.案内状を作成し発送する。
4.焼香の順番を決定する。
5.お布施・お供え物の準備。
6.法事後のお斎(おとき)料理と席順を決める。
7.開催の挨拶の用意。
など、前もって準備しなければならないことがあります。特に法事を営む日は、故人の祥月命日に営むのが理想ですが、参列者の都合もあり、土、日、祝祭日など、休日を選ぶことが多くなりました。そのため菩提寺の方でも何軒もの法事が重なるため、早めにお願いされるとよいでしょう。

菩提寺との打ち合わせ

菩提寺には早めに電話で予約しておき、施主がお寺に出向き挨拶かたがた依頼するのが礼儀です。
その時は必ず本堂のご本尊様に礼拝します。菩提寺にて打ち合わせることは次のようなことです。
1.日時・場所・参会者の人数・お斎の会場2.誰の年忌法要か何回忌かを告げる
3.お供え物・駐車場の確認
4.お布施のことなどです。
法事に関して知りたいことは、ご住職にご相談ください。丁寧にお教えいただけます。

案内状

想い6

法事の日程が決まったら案内状を送付します。ごく身内だけで営む場合には、電話で日時等を連絡すれば問題ありませんが、生前故人が親しくしていた友人等も招くときは案内状を発送し、出欠の返信をいただきましよう。
案内先には故人の縁故や交際範囲を中心に考え案内状を作成します。
1.誰の法事で何回忌か。
2.法事の日時・おつとめする場所。
3.会場への道順略図・駐車場の案内。
4.参列者の服装について等、具体的に分かりやすくお作り下さい。

お布施

法要で僧侶に読経をいただきます。これを「法施」といいます。仏法の真実を布施していただくのです。
それに対して施主の方から感謝のまことを捧げるのが「財施」で、一般的に「お布施」と言いいます。
この額は自分で出せる額でよいのです。ただ、自宅に僧侶をお招きして法事を営んだ場合と、寺院の本堂を借りて営んだ時では、おのずから変わってきます。
また、法名・戒名に院号を授与されている場合は仏法興隆と寺院の発展を願って、別に仏具寄進とか特別寄付をされることもあります。これも「財施」の一つで、寺院用仏具の五具足・前机・灯籠・天蓋等を寄進すると故人の戒名・法名と施主名を刻み込み、永代にわたって菩提寺で供養していただくことが出来ます。

焼香

法要では必ず焼香を行います。宗派や寺院によっては多少形式が異なることがあります。多人数の法事では法要の進行上、合掌・礼拝・焼香しますが、回数は一回でよいでしょう。
また、回し焼香と言って香炉をそれぞれの席に回す事もありますが、そのときも一回で結構です。

引き出物

法要に参列していただいた方々への感謝の気持ちを込めて贈る引き出物は、一所帯に一個ずつ用意します。
表書きは黄銀か銀色ののし紙の中央に「祖供養」とし、右肩に故人の戒名・法名と何回忌かを書き、水引の下には施主の家名をかきます。
墨は薄墨を使って書くのが正式とされています。

お斎(おとき)

法事が終わる最後がお斎です。「斎」とは身を清くすると言う意味があり、法事後一同そろって故人を偲びながら和気あいあいと会食して過ごす一時は大切なものです。お斎のまえに、施主は次のような挨拶をします。「本日は故人…の法要をつとめさせていただき、…寺様の厳粛な読経に、しみじみ故人を偲ばせていただきました。ご多忙中わざわざ時間を割いてお参りいただきました皆様、ありがとうございました。
続いて粗飯をさしあげたいと存じます。何のおもてなしもできませんが、ゆっくりとお召し上がりください。」
と言って一礼します。

powered by HAIK 7.0.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional